アメリカのミシガン州にてポスドク生活始めました。


by Doctor_bear13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

スーパーママ

今日は隣のラボの大学院生の最終口頭試問を見学しに行った。

その学生さんは、子持ちのお母さんで、ほかの企業とかで働いた後に大学院に入学したみたい。

会場に行ってみるともうすでに20-30人ぐらいの観客がいて、先頭には教授陣が何人か陣取っていた。

研究の内容もさることながら、その人の業績を見てみると(入り口で簡単な紹介パンフレットをくれた)、論文もたくさん書いているし、学会から表彰されたり、いろんな賞をもらっていて、まるで教授並みの業績だった。

日本で自分がやったときは、主査、副査の三人だけでしかいなかったのと大違いだし、こんな業績自分はなかった。

この人は相当すごい部類に入るんだと思うけど、このぐらいやらないとアメリカでは学位がもらえないのかと思ったら、自分の学位がちょっと恥ずかしくなった。

そしてその人の発表の最後に自分の教授に感謝の言葉を述べながらその人が涙ぐんでいた、自分だったらそこまで感謝できたかどうか不明だし、そこまでお世話になったかどうかも不明。

とても大変なんだろうけど、そこまで思い入れがもてるなんてアメリカの大学院生がうらやましく思った。
[PR]
by Doctor_Bear13 | 2007-01-19 07:20 | 留学