アメリカのミシガン州にてポスドク生活始めました。


by Doctor_bear13
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ハロウィーン

今日は、週一回のラボミーティングの日。
ボスが、ハロウィーンに関する面白話をしてくれた。

むかーし、むかしインドからニューヨークに移民してきた家族がいました。
その人たちはアメリカに移民してきたばかりなので、もちろんハロウィーンのことなんて知りません。

移民してきて初めてのハロウィーンの日にそれは起きました・・・

だんなさんを仕事に送り出し、奥さんと子供は家でくつろいでいました。

すると

ドンドンドン、ドンドンドン

誰かが、家の扉をたたきました。

誰だろう?と思って奥さんが扉の小窓から外をのぞくと、そこには恐ろしい格好をした人たちが立って何かを呪文みたいなものを唱えています。

しかし、だんなさんは仕事に行ってしまっていいるので、家には奥さんと子供しかいません。

奥さんは恐ろしくなって子供を抱えて奥の部屋に引きこもって隠れていました。

そのまま静かにしると、やがてその人たちはいなくなりました。

しかし、また少したつと

ドンドンドン、ドンドンドン

誰かがやってきました、また恐る恐る扉の小窓をのぞいていみると、今度も恐ろしい格好をした別の集団が呪文を唱えています。

奥さんは本当に恐ろしくなって、だんなさんに電話をしますが、だんなさんも何が起こっているかを解っていないので、「今はとにかく扉を開けないでかくれていろ。」というだけです。

その後だんなさんは家に帰ってきますが、やっぱり何が起こっているのか解らないので、扉を硬く閉じみんなでかくれれて静かにしていることにしましたとさ。


ボスいわく、「もしみんながハロウィーンを知らなかったら困ると思って。」・・・だって。

まぁ、でも何も知らなかったら確かに怖いよなぁ、ハロウィーンって。
[PR]
by Doctor_Bear13 | 2006-10-31 04:16 | 留学